MG996R用のサーボホーンを設計しました

Mechanical design

はじめに

サーボホーンには必ずセレーションと呼ばれるギザギザがついています.セレーションの寸法はサーボモータによって異なりますが,ほとんどのメーカーが寸法を公開していません.

今回はスタンダードサーボの代表格である Tower Pro MG996Rにあうセレーションを試行錯誤しながら作ってみました.

寸法

試行錯誤の結果,以下の寸法でレーザーカッターで加工した時にうまくかみ合いました.

歯数は25で歯の外接円はØ6.0, 内接円はØ5.25です.このパスに沿ってレーザーカッターでカットしています.
使用しているレーザーカッターの切りしろは約0.2mmなので3DプリンタやNCで加工する場合は0.1mm外側にオフセットさせる必要がありそうです.

付属のサーボホーンじゃダメなの?

付属のサーボホーンを使うと次のような問題があります.

  • 追加のパーツが必要なので部品点数が増える
  • 部品点数が増えるので組み立て品の寸法精度が下がる
  • 場合によってはサーボホーンに追加の加工が必要
  • 追加工を精度よく行うのはかなり難しい.

コメント