Electoronics

Electoronics

GROVE – IMU 9DOFのI2Cアドレスを変更する

Switch Science さんで販売されているGrove製のIMU,GROVE - IMU 9DOF(以下,Grove-IMUと呼称)のI2Cアドレスの変更方法のお話です. I2C通信では,各スレーブデバイスに固有のアドレスが決められ...
Electoronics

Fritzing でイラレで作ったsvgを使う

ブレッドボードでの配線図を書く時に便利なのがFritzing です. Fritzing では, オリジナルの部品を作る時にsvgファイルで部品の形やアイコンを設定します. ただし, このsvgファイルはInkscapeでやるとうまく取り込...
Electoronics

ecad.ioを使って基板のMCADデータを作成する

Autodesk Eagle と連携しているサービスに ecad.io があります. これは Eagle のデータから Mechanical CAD データを作成するサービスです. Eagle から 「MCAD」 ボタンを押すことで,Eag...
Electoronics

Eagle と Autodesk circuits

Eagle はもともとCadSoftが開発をしていましたが, 2016年の8月に Autodesk に買収されました. これによって Autodesk 社は機械設計用CAD(Mechanical CAD, MCAD)と電子基板設計用CAD(...
Electoronics

JST XH/SH のRight Angle コネクタ(Through Hole)を公開しました

GrabCadにXHとSHコネクタのスルーホール版を公開しました. XHコネクタはユニバーサル基板に挿さる,汎用性の高いロックつきコネクタです.通常のピンヘッダでは,向きを拘束できないので重宝しています.購入はMonotaroが使いやすいで...
Electoronics

JST PH SMD Right Angle コネクタのMCADデータを公開しました

JST PH コネクタ(表面実装, Right Angle)の MCAD(Mechanical CAD) データをGrabCADで公開しました.ご自由にお使いください. 2pinのコネクタは1セルのLiPoバッテリーのコネクタとして広...
Electoronics

tiny breadboard モデルを公開しました

秋月やswitchscienceの小型ブレッドボードのモデルをGrabcadに公開しました. 作ってから気づきましたが,GrabCADに似たようなものがゴロゴロ転がってました. 事前に確認しなかったことを反省しております…
Electoronics

Modela で基板加工 4. Modelaでパターンを彫る

前回はガーバーデータからgコードを出力しました.今回はGコードを使って,実際に基板を作っていきます. 前提条件として,ModelaがGコード(NCコード)で動く必要があります.MDX-40の場合は内部のファームフェアをMDX-40Aの...
Electoronics

Modela で基板加工 3. Gコードを作る

The eyecatch image designed by Vector Open Stock Gコード(NCコード)はCNCフライス盤や3Dプリンタで用いられる,工具やノズルを制御するためのデータです.中身は工具・ノズルをどのよう...
Electoronics

Modelaで基板加工 2. ガーバーデータを作る

前回は基板加工に必要な道具・素材について紹介しました.今回は基板の作成に必要なデータ(ガーバーデータ)の出力方法について説明します. 一般に基板を作成する際の流れは次のようになります. 回路図の作成->部品の配置->パターン・配...